本文へスキップ

要鍼灸院は、大阪府大東市住道駅から徒歩5分の鍼灸・マッサージ院です。-完全予約制-

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-865-1205

〒574-0062 大阪府大東市氷野1-7-37

めまいに対する鍼灸dizziness

めまいの種類

めまいには回転性と浮遊性のものがあります。
文字通り目の前が回るものとフワーッと浮いたような感覚になるものです。

回転性のものは平衡感覚を「感じている」部分に異常があるときに起きます。
感じている部分とはおもに耳の中の「内耳」という部分、もしくは脳です。

「内耳」とは耳の穴の奥にあります。平衡感覚と聞く感覚を感じ取っている
ところです。この中にはリンパ液が入っていて、このリンパ液の動きが平衡感覚や
聴覚を感じるのに重要な役割を果たしています。
内耳の中のリンパが多くなって内耳の中がパンパンになったり、内耳の血流が悪く
なったときに、平衡感覚や聴覚を感じている神経の働きが鈍くなると、めまいが起きたり
耳が聞こえにくくなったりします。
メニエル氏病突発性難聴にともなうめまいは上記のような理由で起きます。
良性頭位性めまいもこの内耳の中の問題です。

脳が原因で起きるめまいは脳出血、脳梗塞、脳腫瘍など脳内の重大な問題である
ことがあります。この場合は言葉が話しにくくなるとか体の半分が急に動きにくくなるなど
体にめまい以外の症状が起こることが多いです。早急に病院に行き処置を受ける必要があります。


浮遊性のめまいは脳の中の血流が一時的に悪くなり脳に酸素や栄養が足りなくなった時に
起きるといわれています。


めまいが起きた時はまず病院で検査を受けてください。
脳が原因の重篤な病気でないかをまず確認する必要があります。  


検査では原因がわからないことも

検査では原因がはっきりわからないものもあります。

このタイプは自律神経の機能異常が考えられます。
自律神経は血管の動きや心臓の動き、呼吸、内臓全般の働き、毛穴の開閉など体の様々な機能をつかさどっています。
そのなかでもストレスや過労などで自律神経のバランスが狂った際に耳や脳周辺の血流が悪くなるとめまいを起こすことがあります。
結果的には、血流が悪くなった結果、内耳の中の神経の働きが鈍くなったり、脳の栄養状態が一時的に悪くなることになります。

めまいに対する鍼灸

鍼灸が適応となるめまいは脳の問題以外のものです。
脳出血や脳梗塞、脳腫瘍、その他脳の変性疾患などの重大な原因によるめまいは病院で
治療を受けなければなりません。

内耳の問題や脳の一時的な血流低下が原因のものは鍼灸適応です。

鍼灸ではめまいの治療では体に以下のような働きかけをします。

心臓から頭部に向かう血流量を上げる。
内耳周辺の血流が上がるように働きかける。
内耳の中の水分代謝をよくして内耳のリンパの分泌を調整する。
頭部に向かう血液に乗っている酸素や栄養の質を高める。
頭部や内耳に向かう血管が収縮しすぎて流れが悪くなっている際に、血管の緊張や周辺の
筋緊張を緩めることで血流を良くする。
血流を上げて血の澱みをなくす。


ツボの特性を使い、体に上記のような働きかけを行い、内耳にある神経を活性化したり、脳への栄養状態をよくすることでめまいを改善していきます。

 ブログの記事 忍び寄るめまいめまいに対する鍼灸
店舗イメージ

shop info.店舗情報

要鍼灸院

〒574-0062
大阪府大東市氷野1-7-37
TEL.072-865-1205
FAX.072-865-1205


ネット予約はこちらから
クービック予約システムから予約する
(リンパドレナージュのご予約はお電話にてお願い致します。)